ミックスボイスの難易度はどれくらいですか? 誰でも発声できますか?

●ミックスボイスの難易度はどれくらいですか? 誰でも発声できますか?

★誰でもミックスボイスを出すことは可能です。
 しかし、難易度は高いでしょう。

 野球のピッチングでたとえるなら、130km/hほどの直球だろうと思います。
 同じぐらいの難易度でしょう。

 130km/hの直球は、プロ野球の投手としては物足りないレベルです。
 150km/hオーバーはザラにいますし、高校生で160km/hを投げる人さえいたりします。

 しかし目をアマチュアに転じると、小中高と、ずっと野球をやり続けていても、18才の時点で130km/hの直球を投げられる人は、それほど多くいません。
 まぁ、1球2球なら投げられるかもしれませんが、試合をつくれるほど球数多くコンスタントに投げられる人は、かなり希少です。

 とはいえ、なぜ希少なのかというと、きちんとした指導者のもとで、合目的的な練習をしてこなかったからだと、ぼくは考えています。
 130km/hの直球なら、誰でも投げられるとぼくは思っています。
 ただし、それは、きちんとした練習をくり返せば、の話です。

 おそらく、ほとんどの高校生は、きちんとしたピッチング練習を知りません。
 ゆえに、ほとんどの高校生は130km/hの直球を投げられません。
 しかし、ちゃんと練習をくり返せば、多くの高校生は130km/hの直球が投げられるようになると思います。
 もちろん何か四肢に欠損があるなど、身体構造上、投げられない人もいることでしょう。
 全員とは言いません。
 しかし、多くの高校生は投げられると思います。

 ミックスボイスも同じです。

 身体構造上、発声できない人は存在します。
 あるいは、その他、何かの要因で不具合のある人もいることでしょう。
 しかしそれらを除けば、誰でもミックスボイスが出せるとぼくは思っています。

 ただし、それなりの練習は必要です。
 なんの努力もせずにミックスボイスを修得できる人もいるかもしれません。
 そんな人は例外です。

 もしあなたが野球に詳しくないなら、野球をよく知っている人に訊いてみてください。
 130km/hの直球の難易度を。
 「練習すればわたしでも130km/hの直球が投げられるかな?」って。

 ミックスボイスの難易度は、同程度だと思います。
 なまはんかな努力では、到達できません。
 だけど、死に物狂いでがんばるなら、到達できます。
 ちょうど、そんな感じです。

 ★ミックスボイスについては、こちらのページもご参照ください。
https://voicing.koeneriya.com/?page_id=27