声質って何ですか? 声色とは違うんですか?

●声質って何ですか? 声色とは違うんですか?

★声質とは、機序によってとらえられた声のことです。

 機序、つまり、あそこをああすればこうなる、という物事の仕組みの順序立てですね。
 発声器官をあんなふう動かすと、こんな声が出る。
 こんなふうに動かすと、あんな声が出る。
 たとえば、声帯を過伸展させると「裏声」が出る。
 これは、もうほとんど全員に起こる機序です。
 因果関係がハッキリしていて、とても科学的です。

 ただ、機序という言葉はあまりなじみがないので、「フォーム」と考えてください。
 つまり、声質とはフォームによってとらえられた声のこと、です。

 声質と似た言葉に「声色」があります。
 「声質は変えられないけど、声色なら変えられる」という意見も散見しますけど、このふたつって何が違うのでしょうか?

 じつは、何も違いはありません。
 あえて言うならば、視点が違う、といったところでしょうか。
 声を、フォームや周波数など具体によって捉えることが「声質」です。
 声を、クオリアといった感覚で捉えることが「声色」です。

 とある声を2つ聞いたときに、「あっ、この声は違う。この声は同じだ」と、瞬時に聞き分けることができるだろうと思います。
 人には、声を聞き分ける能力がそなわっているからですね。
 このとき人間は、声を意識的に周波数解析することはできません。
 科学的には把握できないのです。
 「なんとなく温かい声だから」
 「冷たい声だから」
 クオリアですね。
 声色として把握していることになります。
 アナログな存在である人間は、感覚的にしかとらえられないのですね。

 声練屋は声を、クオリアではなく、フォームでとらえたいと考えています。
 クオリアで声をとらえると、たとえば「声区」などという、おかしなタイプ分けが、起こります。
 教育的な西洋音楽では、高い声、低い声などで分けるのですけど、これはおかしいと思うのです。
 同じフォームで出された声は、高かろうと低かろうと、同じ声です。
 高い声どうしでも、別のフォームで出された声は、やはり別の声です。

 声練屋は、自分にふさわしい声質の獲得を目標に掲げています。
 あえて「声質」という言葉をもちいているのは、やはりこだわりがあるからです。