声質って変えられるんですか?

●声質って変えられるんですか?

 はい。声質は変えられます。
 声質は発声器官のフォームに依拠しています。

 フォームとは、野球の打撃フォームなど、身体操作における様式を言います。
 歌唱は全身運動なので、発声器官とは全身のことです。
 なのですけど、全身すべてを題材にすると話が長くなりすぎます。
 そこでとりあえず、発声器官とは、声帯や肺、咽頭、喉頭、口腔、鼻腔などと考えてください。

 肺から出た呼気が、声帯を振動させ、声のみなもとが生まれます。
 この、声の赤ちゃんが咽頭、喉頭、口腔、鼻腔などで反響し、共鳴することで成長します。
 そして口から発せられて「声」となります。

 このとき、発声器官のそれぞれを、どのようにかたちづくり、どのように動かすかには、個人差があります。
 もちろん、声帯が長い短いなど、生まれつきの個人差もあります。
 しかし、それよりも、どのようにかたちづくり、どのように動かすのかという違いのほうが、何倍も重要だと、声練屋は考えています。
 つまり、フォームですね。

 声練屋は、フォームを変えることにより声質を変えよう、と提唱しています。
 フォームのことを「発声法」と言う場合も多いです。
 ○○発声法でこんな声を出し、△△発声法であんな声を出そう、と。
 「振り子打法」でヒットを量産し、「一本足打法」でホームランを打とう、といったイメージです。
 野球のたとえばかりで申し訳ないですが…。