声門閉鎖って何ですか?

●声門閉鎖って何ですか?

★声門閉鎖とは、声帯を閉じることです。

 発声における声帯の動きについては、じつは、まだ完全には科学的に解明されていません。
 謎の部分が残っています。
 このため、「発声のときに声帯は閉じている。わざわざ声帯を閉鎖する必要なんかない」という人が存在したりします。

 しかし声練屋は、この考え方にくみしません。
 声練屋は、発声のとき声帯は閉じていない、と考えます。
 声門閉鎖は、意図的に脳みそへ指令を出さない限り、決して起こりえないものです。

 もちろん、いろいろな癖の人がいますから、常時、脳みそに「声門閉鎖しろ!」と指令を出している人もいます。
 ナチュラルに声門閉鎖している人ですね。
 こういう人は、たしかに「発声のときに声帯は閉じている。わざわざ声帯を閉鎖する必要なんかない」と思いがちかもしれません。
 しかし、こういった人は少数です。

 ふつうの多くの人は、ふつうに声を出す場合、声帯が開いています。
 ぶつかったり接触することはあります。
 たとえるなら、ダブルリードです。
 チャルメラやオーボエなど、ダブルリードの楽器を思い出してください。

 あるいは、草笛でもいいです。
 草笛にもいろいろありますけど、草の茎の内側を取り除き、茎の外側だけ残し、ストローみたく中空にした草笛を鳴らした経験はありませんか?
 人の声帯の動きは、ああいったものです。

 閉じてないですよね?
 草の茎を閉じるほどつぶしてしまったら、音は鳴りません。
 閉じないていどに、つぶれきらないていどに、やさしく人差し指と親指で、草の茎をせばめたことだろうと思います。

 声門閉鎖は、声帯を閉じます。
 草の茎を、ぴったり押しつぶすようにすることです。
 もちろん、呼気を排出しなければいけませんので、閉じるだけでなく、ゆるめることもしなければいけません。
 でないと、閉じっぱなしで、声が出てこないですからね。

 まぁ、ゆるめるのは簡単ですけれど。
 下世話なたとえで申し訳ないですけど、オナラみたいな感じです。
 オナラを小出しにするとき、ゆるめるのは簡単ですよね?
 基本、閉じるほうにだけ意識を向ければいいです。
 だけど、閉じっぱなしじゃ、オナラは出ないです。
 出すには、ちょっとゆるめる必要があります。
 ちょうどあんな感じです。

 ほんと、たとえが悪くて、申し訳ないですけど…。