腹筋は鍛えたほうがいいですか?

●腹筋は鍛えたほうがいいですか?

 歌うことは全身運動です。
 腹筋のみらず、全身を鍛えてください。

 ただし、歌唱において、筋力は必要ありません。
 必要なのは、身体のなかの適切な部位を、適切に動かすための、神経ネットワークです。

 ご存知のとおり、筋肉からは神経が伸び、脊髄を通って、脳みそへとつながっています。
 どれほど筋力を増やしても、神経がかよってないと、筋肉は動かないですよね。
 俗にいう「運動神経」ってやつですね。

 たとえば、耳をあちこち動かせる人がいます。
 まったく耳を動かせない人がいます。
 何が違うのでしょう?
 身体は同じなのです。
 よっぽど少数の人じゃない限り、ほとんどの人には耳を動かす筋肉が存在しています。
 人間って、そういう身体のつくりだからです。

 動かせないのは、神経がかよってないからです。
 筋肉はあるのに、指令が届かないから、動かないんです。
 同じように、ものまね芸人のコロッケさんの顔芸がすごいのも、顔の筋力がすごいのではなく、運動神経がすごいのですね。

 歌うためには、歌うための運動神経をかよわせる必要があります。
 鍛えるはここなのです。
 しかし、これは言うは簡単でも、実際におこなうのは簡単ではありません。
 簡単だったら、全員、コロッケさんみたいなおもしろ顔が、できますものね。

 ただし、最近の若い人のなかには、想像を絶するほど筋力のない人がいるみたいです。
 一度も体育の授業を受けたことがない、みたいな。
 ペットボトル以外、重いものを持ったことがない、とか。

 そういう人は、やっぱり、筋肉トレーニングをしたほうがいいと思います。